都会のプチクルーズ~旅行気分を味わえる宇宙船のような水上バスで竹芝から浅草へ

 

ちょっと贅沢な移動手段「水上バス」をご存じですか。東京には浅草、両国、お台場、豊洲、など路線や便数も案外多く、水面から東京の絶景が楽しめます。

乗船したのはウォーターズ竹芝前から浅草まで。およそ40分の船旅になります。チケットは事前にネットで購入可能。また船内でも購入することができるので、その日の気分でふらっと乗船することもできます。

TOKYO CRUISEの「ヒミコ」へ乗船。まるで宇宙船のような形は漫画家松本零士氏がデザインしたもの。「ティアドロップ(涙滴)」をイメージコンセプトに「子供たちが乗ってみたいと思ってくれる船」として手掛けられました。

船内も宇宙船のような空間。全面がガラス張りになっていて、天井部分まで景色が楽しめます。船内には「銀河鉄道999」のキャラクターのパネルが置いてあり、記念写真を撮ることもできます。そして、なんとメーテル・鉄郎・車掌さんが船内アナウンスをしてくれて、船旅を盛り上げてくれます。

東京の水上バスの歴史は古く、1885年に隅田川で運航を始めた乗合蒸気船が起源といわれています。運賃が一銭のため、「一銭蒸気」とも呼ばれたらしいですよ。

さて、出航です。ゆっくりと竹芝の船着場を離れていきます。水門を潜り抜けて、隅田川を北上していきます。

航路上には13もの橋があり、船内アナウンスで紹介してくれます。「ヒミコ」は天井がガラス張りなので、下から橋を眺めることもでき、不思議な気分です。

こちらは中央大橋。

総武線を船上から見上げることもできます。

隅田川沿いの遊歩道をジョギングや散歩をする方や、明治座、両国国技館などの名所も見ることができます。最後には浅草のランドマーク・アサヒビールの社屋やスカイツリーが登場です。春は隅田川沿いの桜が満開になり、船からお花見ができますね。

浅草へ到着。船を降りたら、浅草散歩に出かけるのもよいですね。

水上バスはちょっと贅沢な移動手段ですが、プチクルーズで旅行気分を味わえますよ。デートにも小さいお子様のいるご家族にもおすすめです。

最寄駅:JR/モノレール 浜松町駅、地下鉄大江戸線/浅草線大門駅(竹芝船着場

ウォーターズ竹芝船着場
TOKYO CRUISE(東京観光汽船)
女子旅・女子専門旅行サイト 紡ぎ旅