宿泊レポート・銀座で露天風呂⁈ 女子向けサービスも色々あります ~日和(ひより)ホテル東京銀座EAST~

日和ホテル銀座EAST

銀座エリアで露天風呂に入れるコスパの良いホテルがあると聞き、早速宿泊してきました。
こちらのコンセプトは
「和」ゲストへの行き過ぎないおもてなし
「粋」シンプルな中にも一目惹く凝ったデザイン
「艶」和素材そのものではなく、色を重ねた魅力
訪日客を意識したデザインだと思うのですが、個人的にも和モダンのデザインが好きなのでワクワクです。


◆テレワークにも便利でお得な1Fレストラン

コンパクトな作りではありますが、天井が高めなので圧迫感はあまり感じません。ロビー横のレストランスペースには24時間無料で利用できるコーヒー・お茶等のコーナーがあります。因みに日中はビジターでも500円で飲み放題、テレワークスペースとして利用もできます。テーブルにはコンセントもあるのでPC使えますね。テラス席もあり、静かでワンコイン!カフェで店員さんの冷たい視線を気にしながらPCするなら断然こちらお勧めです。
18:00~22:00は1h 1000円で「生ビール・スパークリングワイン・ワイン(赤、白)」飲み放題♪ 食べ物の持ちこみOKなので、デパ地下のお惣菜や近くにある銀だこをテイクアウト、もしくはデリバリーもいいですね。もちろんビジター利用もOK。


◆お部屋のご案内!7Fレディースフロアの「デラックスダブルJ」

今回宿泊したのは7Fレディースフロアの「デラックスダブルJ」(”J”はJapaneseを意味しているそうです)。ここのホテルは全て靴を脱いで上がるタイプで、琉球畳と絨毯のお部屋があります。ホテルでも靴を脱ぎたい派や、小さいお子様連れの方には嬉しいですね。広さ19平米、バスアメニティはPOLAのクレンジング・洗顔・化粧水・乳液、JIFFYのシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ。ライト付きの鏡や上下別のナイトウェア、ヘアーアイロンまでそろっているので手ぶらで泊まれそうです。チェックイン時にフェイスパックシートやヘアオイルなど好きなもの2つもらえました。
部屋にあるタブレットで大浴場や朝食時の込み具合が分かるのが便利!そしてベッドの下にお布団が収納されていました、お布団を敷けばお子様がベッドから落下する心配もありません!
動画はこちら


◆銀座 露天の湯

11Fの大浴場・露天風呂へは部屋にあるナイトウェアとスリッパで行かれますし、お風呂用のバッグまで用意され至れり尽くせり。因みにピンクのカードキーがないとお風呂のドアが開きませんのでお忘れなく!口コミで浴槽が小さいという投稿があったので覚悟していましたが予想より広さありました、ただ5名までかなと個人的には思います。内風呂もありタブレットで混み具合も確認できるで時間をずらせば問題ないでしょう。
露天風呂は半透明パネルで囲われ空は格子越しに見る感じです。東京都のルール上こうなってしまうそうですし、もし無かったら周りのビルから丸見えです・・・。屋上にあるので機械音が聞こえてきてしまうのがちょっと残念ですが仕方ないですね。朝は6:00~9:00利用できますので朝風呂も是非満喫してみてください。

 

脱衣所にもメイク落としからヘアオイルまですべて揃っていました。また廊下には無料の一口アイスが用意されていて、この様なちょっとしたサービスは嬉しいです。お風呂あがりにはスカイテラスに出て涼むのも良さそう。11Fには自動販売機(ICカード利用可)とコインランドリーもあります。

IMG 7112 scaled e1639281673747
夜のスカイテラス

 

季節の良い時期にはここでビール片手にのんびりいかがでしょう。


◆朝食

朝食は6:30~10:30、席にサラダボウルが運ばれてくるハーフビュッフェスタイルです。和食のおかずもありました。サラダボウルも結構ボリュームがありますので朝食しっかり派の方も満足できるかと思います。

 

ホテルの場所は大通りから少し入った場所にあるので思った以上に静かでした、銀座までもお散歩圏内ですしこの料金は確かにコスパは良いのではないでしょうか。個人的には次回、ロビーラウンジをテレワークで利用しようかなと考えています。デイユースプランも用意され色々と利用できそうな気がしてきました。
コンセプトの「行き過ぎないおもてなし」や、各所の工夫やサービスはさすが日本だなと感じることのできたホテルでした。

◆アクセス◆
東京メトロ有楽町線 新富町駅2番出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅A3出口 徒歩4分
都営浅草線 宝町駅A1出口 徒歩4分
日和ホテル東京EAST
サンフロンティアマネジメント

スタッフY