新鮮な生しらすが食べたい!久しぶりの江の島へ ~パワースポットめぐり~

近場へちょっと出掛けようと思い立ち、生しらすを食べに江の島へ行ってきました。神奈川県では資源保護の目的で1月~3月中旬は禁漁期間で生しらすを食べることができないのですが、鎌倉・江の島周辺のしらすの旬は春、夏、秋と年に3回あります。

まずは最寄り駅から小田急線の片瀬江ノ島駅へ。久しぶりに訪れたら駅が記憶と違う!!

調べたところ、2020年7月に新駅舎が完成していました。外観は寺社仏閣の技法である竜宮造りを取り入れ、屋根上にはイルカの像を設置したり「五頭竜と天女の伝説」をイメージした装飾が施すなど、品格と遊び心が共存する駅舎になっていました。
また、駅の構内には改札横に新江ノ島水族館とのコラボレーションで水槽が設置されており、フワフワと泳ぐ水クラゲたちを眺めているだけで穏やかな気持ちになりました。

江の島には日本三大弁財天を奉る江島神社があります。田寸津比賣命を祀る「辺津宮」、 市寸島比賣命を祀る「中津宮」、多紀理比賣命を祀る「奥津宮」の 三社からなり、ご祭神は三姉妹の女神様です。

日本初の屋外エスカレーターの「江の島エスカー」を利用すれば楽に上まで行けますが、日ごろの運動不足解消のため階段で三社をめぐりました。

奥津宮と中津宮お参りをしたあとは、中津宮でおみくじを引きました。江の島みくじは江島神社ゆかりの七種類の縁起物のいずれかが入っているおみくじです。七福神の縁起物のおみくじはいくつかの神社で見かけたことがありますが、この江の島みくじはここだけのものですね。

おみくじの結果は・・大吉と希望通りの天女様を手に入れることができて大満足です。天女様は「開運招福」を意味するそうなので大切にしたいと思います。

神社のあとはお目当ての生しらすですが、参道沿いには生しらすは入荷していないとの張り紙があるお店だらけ・・。どうやらその日はすごい強風だったため、漁がなかったみたいです。本当は島を出て漁港近くのお店に行こうと決めていたのですが、心配になり電話で確認したところ、やはりそのお店も入荷がありませんでした。
なんとか静岡県産の生しらすを入荷しているお店を1軒だけ見つけて生しらすを食べることはできましたが、禁漁期間だけでなく天候にも注意しないとダメなのですね。
近いうちにもう一度リベンジしなくては!と思いました。

今回は新江ノ島水族館には行けなかったので、水族館&生しらすコースを計画しようと思います!

スタッフKI

おとな女子旅・女子旅専門サイト 紡ぎ旅
江島神社

関連ツアー