世界遺産 甦りの地 「熊野本宮大社」全国4,700社以上の熊野神社の総本宮

熊野三山のひとつ(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)である熊野本宮大社は全国4,700社以上ある、熊野神社の総本宮です。御祭神は、熊野三山に共通する「熊野十二所権現」で、熊野本宮は周囲の川や川洲を御神体としております。

鳥居をくぐり158段の石段をあがり気持ちを休め神域へと行かなければならないのに、目はかゆいし、鼻水はダラダラと出てきて全く集中できないです。今日の花粉はすごいな~ あっ!周りの木なんと杉じゃん・・・花粉症の私にとっては最悪です。とはいってもきちんと参拝しなくては!こちらは本殿手前にある拝殿です。

参拝順序は下の写真の一番右にある本宮・素戔嗚尊(第三殿)真ん中の結宮・伊邪那岐大神(第二殿)一番左の結宮・伊邪那美大神(第一殿)


そして下の写真の一番右側の若宮・天照大神(第四殿)とその隣にある満山社を参拝します。


石段を下り鳥居をくぐり国道を渡って、伊邪那美命の荒御魂(女性の護り神)がお祀りされている産田社を参拝することも忘れず!


日本一の大鳥居をくぐり、かつて熊野本宮大社が鎮座していた大斎原へ向かいました。かつての中四社、下四社が合祀されお祀りされております。アクセスは南紀白浜空港からだと車で約80分ぐらいです。


次回は、熊野古道(熊野参詣道)を歩いて熊野本宮大社へ参拝に行ってみたいと感じました。

紡ぎ旅ホームページ
熊野本宮大社公式ホームページはこちから

熊野三山ツアー企画やコースプランニングのご相談やご案内はお気軽にお問い合わせ下さい。